11月21・22日に、花博記念公園鶴見緑地で「花博開催30周年記念イベント PARKJAM」が開催され、当協会からは2日間、大阪・関西万博ブースを出展しました。
ブースでは、大阪・関西万博やSDGsについて紹介する展示を行い、廃棄衣料を再生したシートでつくるオリジナルサコッシュづくり(公式ロゴマーク缶バッジ付き)のワークショップを実施しました。
ワークショップでは、多くの皆さまにお越しいただき、各日先着100名の参加整理券配布を両日とも午前中に終了することとなり、大盛況となりました。ご参加いただけなかった方々には、大変申し訳ありませんでした。
ブースにお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

21日には、万博の桜2025実行委員会(※)主催により、「万博の桜2025 植樹式」が開催されました。

植樹式には、万博の桜2025実行委員会委員長で当協会シニアアドバイザーの安藤忠雄氏、大阪府知事 吉村洋文氏、大阪市長 松井一郎氏、公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会理事長 角和夫氏、当協会事務総長の石毛博行が出席しました。
また、ご来賓として、井上信治 国際博覧会担当大臣、2025年日本国際博覧会アンバサダーの宝塚歌劇団より花組の聖乃あすかさんをはじめ、星空美咲さん、稀奈ゆいさん、初音夢さん、湖華詩さんにお越しいただきました。

(※)万博の桜2025実行委員会を構成する団体・個人
建築家・安藤忠雄氏(委員長)、公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、一般社団法人関西経済同友会、公益財団法人大阪観光局、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会、経済産業省近畿経済産業局、国土交通省近畿地方整備局、公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会、大阪府、大阪市

22日の大阪・関西万博 PRステージでは、 MCの学天即のお二人をはじめ、今年10月より開始している「教育プログラム」 の実施校より、堺市立大泉学園と富田林市立第一中学校の皆さんにご登壇いただき、取り組みの紹介などを行いました。その後、2025年日本国際博覧会アンバサダーの 宝塚歌劇団より聖乃あすか さんにご登場いただき、SDGs取り組みの発信や生徒の皆さんへ激励のお言葉をいただきました。
また、聖乃あすかさんからは、「万博が素晴らしいものになる、その一助となれれば嬉しいです」と、情熱あふれるコメントをいただきました。

当日、ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

2020年8月16日(日)、SDGsに興味・関心のある学生や企業、団体などにSDGsを楽しく学んでいただくとともに、SDGsのゴール達成への貢献を目指す大阪・関西万博への理解を深め参画意識の醸成につなげるため、関西SDGsプラットフォームと連携し、「関西SDGsユースミーティング」をオンラインイベントとして開催しました。

プログラム第一部では、「関西SDGsユース・アイデアコンテスト」受賞作品の発表や、京都精華大学学長・当協会シニアアドバイザーのウスビ・サコ氏による基調講演、SDGs達成に向けて取り組む企業や団体によるトークセッションを実施し、ライブ配信を通して多くの方に視聴いただきました。

基調講演
トークセッション

プログラム第二部では、オンラインを利用したワークショップを実施し、「関西SDGsユース・アイデアコンテスト」にアイデア作品を応募した高校生を対象に、アイデアを実現するための考え方を学んでいただくことができました。

ワークショップ

本イベントを通して、SDGsを楽しく多角的に学んでいただくとともに、SDGs達成への貢献を目指す大阪・関西万博への理解を深めていただきました。

※当日の内容は、アーカイブ動画として関西SDGsユースミーティング公式ホームページで公開中です。
・関西SDGsユースミーティング公式ホームページはこちら https://sdgs-idea.com/

関連リンク

・2025年大阪・関西万博「開催目的」(大阪・関西万博がめざすもの)
・2025年大阪・関西万博に向けたSDGs共創の取り組み「TEAM EXPO 2025プロジェクト」

2019年11月10日~12月1日まで、全国9カ所(石川・兵庫・長崎・愛知・岡山・青森・神奈川・北海道・大阪)の図書館で2025年日本国際博覧会協会ロゴマーク公募記念イベント「みんなでつくろうEXPO2025『ロゴマークをデザインしてみよう!』」を開催しました。

同イベントは、地域にある身近なロゴマークを例に、 その役割や成り立ちを学べるほか、11月29日~12月15日の間応募受付をしていた「大阪・関西万博 ロゴマーク」の制作を通じて、万博への関心を深めてもらうことを目的に開催しました。ワークショップには子どもからシニアまでの幅広い層から約390名の参加があり、個性豊かな素晴らしい作品をたくさんデザインいただきました。

参加者の方からは、「万博には不思議な物がいっぱいあると思う。今からワクワクする。バッジは開催まで大事にします。」や「大阪で万博が開かれる実感が湧いてきてドキドキする。」などの感想をいただきました。

2019年10月14日(月・祝)に、踊り子の祭典「大阪メチャハピー祭」が大阪城ホールで開催され、多くの観客がいる中、人文字プロジェクトを行い、2025年に開催する大阪・関西万博をPRしました。

人文字プロジェクトでは、約150人の踊り子隊の子どもたちに協力をお願いし、協会職員の誘導のもと「EXPO2025」の形になるように画用紙を持って並んでもらい、掛け声にあわせて、「大阪・関西万博!」や「大阪メチャハピー祭20周年おめでとう!」と元気よくコールしていただきました。会場からは大きな拍手がおこり、多くの方に2025年大阪・関西万博を知っていただくことができました。

2019年7月5日~7日の日程で、第6回うめきた未来大学「大阪・関西万博」を考えるプログラムがグランフロント大阪にて開催され、一般参加の大学生20名と万博の実施主体である日本国際博覧会協会、経済産業省(近畿経済産業局)の職員が万博についてアイデアを交わしました。

プログラムでは、経済産業省(近畿経済産業局)から過去行われてきた万博の歴史のほか2025年大阪・関西万博について概要説明、続いて日本国際博覧会協会からは

万博のアイデアを通じて学生・若い世代に期待することをお話させていただきました。

参加者は「『2025年大阪・関西万博』で何する?」をテーマにワークショップを進め、自分たちのアイデアが「万博で実現されるかも?」との期待もあり各チーム熱のこもったディスカッションやプレゼンテーションが行われました。

今後は、大学生のみならず民間企業や地方自治体、NPO団体などとも連携しながら良いアイデアを具体化できるように取り組んでいく予定です。

主催:一般社団法人ナレッジキャピタル
後援:経済産業省近畿経済産業局、一般社団法人2025年日本国際博覧会協会

PAGE TOP