プレスリリース

2021.08.26 夢洲における実証実験公募の実施第1号が「放射冷却素材SPACECOOLの価値検証実証実験」に決定

-当協会と「実証事業推進チーム大阪」が、実施を支援-

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会と大阪商工会議所が、万博開催の機運醸成と未来社会を見据えたイノベーション創出に向けて実施した、夢洲における実証実験公募で採択された、大阪ガス株式会社(以下、「大阪ガス」)による放射冷却素材SPACECOOLの価値検証実証実験が、2021年8月26日(木)から開始されます。
本実証実験は、今回の公募で採択された9案件のうち、最初に実験を始めるものとなります。
また実施にあたり、当協会と大阪府、大阪市、大阪商工会議所で構成する「実証事業推進チーム大阪」(以下、「チーム大阪」)が支援を行います。

○今回の実証実験では、大阪ガスが開発した、直射日光下においてゼロエネルギーで周囲より表面温度を低下させる放射冷却素材「SPACECOOL」の効果を、省エネ性、経済性、快適性、安全性などの観点から検証します。 
本素材は太陽光の入熱を抑え、熱ふく射により宇宙空間に放熱する設計で、開発段階において、夏季で外気温と比較し最大-6℃の冷却性能を実現しており、脱炭素社会の実現、安全な社会の実現など社会課題の解決に寄与することが期待されています。

○今回の実証実験は、当協会と大阪商工会議所が2021年1月18日から2月19日まで実施した、2025年大阪・関西万博の会場である夢洲における実証実験の公募に寄せられた39件の提案の中から採択され実験実施候補者となった9件の提案の一つで、実証実験の円滑・効果的な実施のため、チーム大阪が、実験内容や実験場所等の協議・調整などの実験実施に向けた支援を行っています。
本公募に提案があり採択された案件のうちから実施する実験は、今回が初めてです。

○夢洲における実証実験公募の他の実験実施候補者からの提案についても、チーム大阪がそれぞれ実施に向けた調整を行います。今後、スケジュールなど実験実施の詳細が決まり次第、順次、当協会とチーム大阪が共同で発表する予定です。

実施概要

日時:2021年8月26日(木)~2022年3月末(予定)
場所:夢洲万博会場予定地・大阪ガスエネルギー技術研究所内(いずれも大阪市此花区)ほか
実施主体:大阪ガス株式会社(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:藤原 正隆)

資料

「夢洲における実証実験公募」実験開始予定時期について

問合せ先

●本実証実験に関すること
大阪商工会議所 産業部 (野間、瀧本、吉村)
TEL:06-6944-6300

●大阪・関西万博に関すること
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 広報部
TEL:06-6625-8654

PAGE TOP