テーマ事業
「いのちの輝きプロジェクト」

テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」について

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の中核事業である、テーマ事業「いのちの輝きプロジェクト」の基本計画を発表しました。
「いのちの輝きプロジェクト」は、展示パビリオン「シグネチャーパビリオン」、イベント「シグネチャーイベント」をリアル会場、バーチャル会場で展開いたします。各界で活躍する8人のプロデューサーが主導し、「いのちの輝きプロジェクト」から得られる体験は、人びとにいのちを考えるきっかけを与え、創造的な行動を促すものと考えます。他者のため、地球のために、一人ひとりが少しの努力をすることをはじめることを促します。その重なり合い、響きあいが、人を笑顔にし、ともに「いのち輝く未来社会をデザインすること」につながっていくものと考えます。

「シグネチャーパビリオン」とは

「いのちの輝きプロジェクト」は、大阪・関西万博会場の真ん中に位置する8人のプロデューサーが主導するパビリオンを起点に展開されます。このパビリオンを「シグネチャーパビリオン」と命名いたしました。「シグネチャーパビリオン」および「シグネチャーイベント」を通じて、リアルとバーチャルをインクルージョンした多様な体験により、訪れるすべての人々が「いのち」について考え、その概念をアップデートする場所になることと考えます。

「シグネチャーパビリオン」紹介

「いのちを知る」いのち動的平衡 I am You

福岡 伸一
福岡 伸一
生物学者、青山学院大学教授
利己から利他へ

ヒトとヒト、ヒトと自然の分断が、ますます深まっている現代。
様々なソリューションが世界中を飛び交っているが、
どれも根源的な解決につながらないのはなぜか。
それは、根幹となる「いのち」と向き合うための基本的な態度、
「生命哲学」が抜け落ちているからではないか。
このパビリオンでは、より良い社会と地球の未来に向けて、
利己と利他のあいだには実は明快な境界線はないという、
私たちの意識を根底から揺さぶるフィロソフィーを手渡したい。

「いのちを育む」LIVE EARTH × SPACE LIFE

河森 正治
河森 正治
アニメーション監督、メカニックデザイナー
今、ここに
共に生きる奇跡

はかなくて、尊くて、力強くて、愛おしくて、
美しいいのちの輝きと、
宇宙・海洋・大地に宿るあらゆるいのちのつながりを表現。
人間中心からいのち中心へのパラダイムシフトと、
いのちを守り育てることの大切さを訴求することを目指す。

「いのちを守る」いのちのあかし

河瀨 直美
©LESLIE KEE
河瀨 直美
映画監督
わたしのなかのあなた、あなたのなかのわたしに出会う場所

人はそれぞれの違いから、「分断」をうみます。
しかし、人は心を持ち、
「対話」をすることができる生き物です。
お互いを対話によって認めあい、
自分が変わることで未来の世界も変わるはず。
いま、森をモチーフとしたシアターで、
心の対話がはじまります。

「いのちをつむぐ」EARTH MART

小山 薫堂
小山 薫堂
放送作家・脚本家

私たちのパビリオンでは
地球環境や飢餓問題と向き合いながら
日本人が育んできた食文化の可能性とテクノロジーによる食の最先端を提示し
より良き未来へと導く「新しい食べ方」を来場者と共に考えます。

しかし一方で、次のような後味を残したいと思っています。

食を通じて様々な「当たり前」をリセットすることで
いのちにとって本当に大切なものに気づき、
謙虚な気持ちから感謝や優しさが生まれ、
それが来場者のほのかな幸せにつながる。

そして今夜から、食事の時間を昨日よりも少しだけ大切にしたくなる・・・

世界じゅうの人々に「いただきます」という日本語と
食に向き合う心構えを持ち帰っていただけますように。

「いのちを拡げる」いのちの未来

石黒 浩
石黒 浩
大阪大学教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長
技術と融合することにより、
いのちの可能性を拡げる

70年大阪万博から50年を経て、生きたい「いのち」を
自ら設計することが人類の未来ではないだろうか
技術が支え技術が設計する「いのち」
技術(ロボット)に宿る「いのち」

「いのちを高める」いのちの遊び場 クラゲ館

中島 さち子
中島 さち子
音楽家、数学研究者、STEAM教育家
STEAM ワクワク!を探す旅へ
いのちが踊る、いのちが歌う、いのちがひらく。
生きている!という感覚の発露

一人ひとりに潜む多様ないのち(創造性)の爆発的な光
グワッと体の奥深くから立ち上がる、
いのちの生々しい原始の歌に耳を澄ませよう!
会期前から会期後まで、さまざまな世界とつながり、
学びや遊びや創るや「生きる」の大変革を起こしていく。
これは、万人万物の“多様”な存在価値や、あふれるいのち(創造性)の光を爆発させ、
創造の喜びで世界中を繋ぎ、プレイフルで希望に満ちたインクルーシブな
未来「共創」(創造性の民主化)社会を模索する旅。
2025年夢洲の「いのちの遊び場 クラゲ館」は、
あなたと共に、その歴史的な証人となる。
人生は、こんなにも、おもしろい。

「いのちを磨く」null2

落合 陽一
©蜷川実花
落合 陽一
メディアアーティスト
いのちを磨く

未知の風景 変形しながら風景を歪める彫刻

物理的に現場に行くことの価値を作り出す。人類が未だ見たことのないインタラクティブな構造体。
風景を変換しながら、自然と人間の間にデジタルの自由さを持って調和をもたらす。
数年に一度しかない世界的に大きなナショナルイベントでしか進展しないような建築やインタラクティブ技術の進歩を巻き起こす。

未知の体験 デジタルの身体による合わせ鏡

訪れた人々の身体をデジタル化し、パビリオンの中では有機的に変形し自律的に動作する身体と対話する。
有史以来、行われてこなかった鏡の再発明。

「いのちを響き合わせる」Co-being

宮田 裕章
宮田 裕章
慶応義塾大学教授
Better Co-being

現代は経済だけでなく、環境や人権、教育、健康など多元的な軸で、文明を再構成する転換点にあります。
つながる世界の中では、多様ないのちを尊重しながら、一人ひとりが輝くことができる未来を目指すことが大切になります。
テーマ事業「いのちを響き合わせる」は、新しい世界を共に創る中で、いのちや未来と共鳴するhuman Co-beingにつながる体験です。

テーマ事業協賛企業

テーマ事業への協賛企業については「最新のプレスリリース」をご確認ください。