プレスリリース

2020.01.31 SDGs共創プロジェクト「TEAM EXPO 2025」 ~大阪・関西万博をSDGsの甲子園に~ ソーシャルイノベーションに挑戦する事業者を支援するプロジェクトパートナー7社と包括連携協定を締結

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、社会課題に取り組む人や組織との共創(Co-Creation)によりSDGs達成への貢献を目指すプロジェクト「TEAM EXPO 2025」に参画するプロジェクトパートナー7社との包括連携協定を締結しました。プロジェクトパートナーと「TEAM EXPO 2025」において、社会課題解決を目指す取り組みを実践するプレイヤーを支援していくプロジェクトを立ち上げる予定です。

大阪・関西万博では、社会を良くする取り組みをされている方々やそれを支える方々と共創することで、SDGsのゴール達成に大きく貢献できるのではないかと考えています。

そのため、すべての人が参加できる万博を目指し、2025年にむけた大きな取り組みの一つとして「TEAM EXPO 2025」を立ち上げました。

本プロジェクトでは、プレイヤーを中心に、今回包括連携協定を結んだプロジェクトパートナーや、企業や個人がサポートメンバーとして加わり、それぞれが持つ特性、リソースを組み合わせた共創のスクラムを組んでソーシャルイノベーションを促進するチームを、様々な領域、地域につくっていきます。

万博は、世界の国々や国際機関、研究機関や企業など様々なセクターが参加するプラットフォームであり、世界で社会の変革を促す発信力を持っています。2025年には万博会場を、日本国内のみならず海外からも優れたソーシャルイノベーターが一堂に会する“SDGsの甲子園“とし、日本のみならず世界で実践される共創事業の中から優れた事業をBest Practice として世界に向けて発表・共有し、SDGs達成への取り組みを国内外で加速させることを目指します。

今後、各プロジェクトパートナーと具体的なプロジェクトを立ち上げ、大阪・関西万博開催の5年前にあたる2020年春頃より順次、参画するプレイヤーやサポートメンバーを募集します。

「TEAM EXPO 2025」ページURL:https://www.expo2025.or.jp/team/

今回包括連携協定を締結したプロジェクトパートナー一覧

プロジェクトパートナー一覧(50音順)[別紙(PDF形式)]

TEAM EXPO 2025(イメージ)

プレイヤー
社会課題を解決する具体的なアイデアや技術を持ち、社会課題解決を目指す取り組みを実践する社会起業家、ベンチャー企業、自治体、研究機関、NPOなどの組織や個人

プロジェクトパートナー
大阪・関西万博と連携して社会課題を解決するプロジェクトを立ち上げ、人材育成、資金調達支援や情報発信などで、プレイヤーと一緒に社会課題の解決に取り組むベンチャーキャピタル、プラットフォーマー、財団、自治体、研究機関などの組織

サポートメンバー
TEAM EXPO 2025の趣旨に賛同し、自身の持つ様々なリソースの提供などで、チームを支える企業、自治体、研究機関などの組織や個人

問合せ先

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 総務局総務部広報報道課
TEL:06-6625-8654

PAGE TOP