プレスリリース

2020.06.30 大阪・関西万博開催に向けた「感染症対策検討会議」を設置

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、新型コロナウイルス感染症に伴う現下の状況を踏まえ、2025 年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の準備・運営スケジュールに応じた感染症対策を検討するため、医療専門家による感染症対策検討会議(座長:朝野和典氏)を設置します。
また、専門的見地から博覧会協会に対して助言を行う、感染症対策顧問も同時に設置します。
今後、本体制により、感染症対策を進めていきます。

就任日

2020年6月30日

感染症対策検討会議委員(五十音順・敬称略)

座長・委員  朝野 和典(ともの かずのり) 大阪大学大学院医学系研究科 教授
委員     福島 若葉(ふくしま わかば) 大阪市立大学大学院医学研究科 教授
委員     山崎 伸二(やまさき しんじ) 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 教授

感染症対策顧問(敬称略)

朝野 和典(ともの かずのり) 大阪大学大学院医学系研究科 教授

問合せ先

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 広報部
TEL:06-6625-8654

PAGE TOP