プレスリリース

2020.11.27 ハウステンボス株式会社と事業連携協定を締結

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、大阪・関西万博の成功を目指し、安全安心で円滑な会場運営を実現するため、ハウステンボス株式会社(長崎県佐世保市、代表取締役 坂口克彦)と、以下のとおり万博の事業運営に関する連携協定を締結しました。
この協定に基づいて、テーマパーク運営に様々なノウハウを持つ同社から、当協会が会場運営計画を策定し、万博開催に向け準備を進めていく上で、参考となる情報を提供いただくとともに、相互の利益に資する取り組みを検討する予定です。

協定の名称

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会とハウステンボス株式会社との事業連携に関する協定

締結日

2020年11月27日(金)

期間

2020年11月27日(金)から大阪・関西万博の会期終了まで

締結先

ハウステンボス株式会社

協定事項

・会場運営計画を策定し、準備を進めていく上で参考となる情報の提供
・その他相互の利益に資する取り組みの検討

問合せ先

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 広報部
TEL:06-6625-8654

PAGE TOP