プレスリリース

2021.12.15 夢洲における実証実験公募の実施第4号が「都市型自動運転船「海床(うみどこ)ロボット」による都市の水辺のイノベーションに関する実証実験」に決定

―当協会と「実証事業推進チーム大阪」が、実施を支援-

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会と大阪商工会議所が、万博開催の機運醸成と未来社会を見据えたイノベーション創出に向けて実施した、夢洲における実証実験公募で採択された、株式会社竹中工務店(以下、「竹中工務店」)による都市型自動運転船「海床(うみどこ)ロボット」による都市の水辺のイノベーションに関する実証実験が、2021年12月15日(水)から開始されます。 
本実証実験は、今回の公募で採択された9案件のうち、4番目に実験を始めるものとなります。
また実施にあたり、当協会と大阪府、大阪市、大阪商工会議所で構成する「実証事業推進チーム大阪」(以下「チーム大阪」)が支援を行います。

海床ロボット(提供:竹中工務店)

○ 今回の実証実験では、純国産制御システム搭載の「海床ロボット」を、大阪城公園の東外堀※に浮かべ、新しいモビリティの活用可能性を検証します。「海床ロボット」は、海や運河・河川並びに湖沼などの水面に浮かべた床(3m四方)が自動で動き、離着岸する自動運転船です。今回の実証を通じて、より高い精度の位置制御の機能検証、また、デジタルファブリケーションを活用し、用途に応じて船の上屋の変更が可能な仕組みの検証を行います。
※実験実施に向けた協議・調整の結果、大阪城公園で行うこととなりました。

○ 2022年以降の実証では、「運搬ドローン連動機能」「複数ロボットの群管理」の検証を目指し、運搬・環境・エンターテイメント・防災など用途に合わせた開発に取り組む予定です。都市型自動運転船が、都市部の水辺を拠点に、地域の魅力や付加価値の創造、更には水辺の交通・物流などの様々な都市問題の解決に貢献することが期待されます。

○ 「海床ロボット」は、竹中工務店を代表法人とし、同社を含む7社・法人(国立大学法人東京海洋大学海洋工学部清水研究室、株式会社IHI、炎重工株式会社、株式会社水辺総研、新木場海床プロジェクト、一般社団法人ウォーター・スマート・レジリエンス研究協会)で構成する海床ロボットコンソーシアムによる共同プロジェクトとして開発されたものです。

○ 今回の実証実験は、当協会と大阪商工会議所が2021年1月18日から2月19日まで実施した、2025年大阪・関西万博の会場である夢洲における実証実験の公募に寄せられた39件の提案の中から採択され、実証実施候補者となった9件の提案の一つで、実証実験の円滑・効果的な実施のためチーム大阪に推薦され、チーム大阪が、実験内容や実験場所等の協議・調整などの実験実施に向けた支援を行っています。

○ 夢洲における実証実験公募の、他の実証実施候補者の提案についても、チーム大阪が順次実施に向けた調整を実施し、今後、それらの案件の実証実験スケジュールなど実証実験の詳細について決定次第、当協会とチーム大阪が共同で発表する予定です。

実施概要

日時:2021年12月15日(水)~16日(木)、2022年12月頃
場所:大阪城公園 東外堀
実施主体:株式会社竹中工務店

添付資料

資料:「夢洲における実証実験公募」実験開始状況について

問合せ先

●本実証実験に関すること
大阪商工会議所 産業部(野間、瀧本、吉村)
TEL:06-6944-6300

●大阪・関西万博に関すること
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 広報部
TEL:06-6625-8654

PAGE TOP