プレスリリース

2023.11.29 2025年日本国際博覧会 迎賓館・EXPO ホール(大催事場)・ EXPO ナショナルデーホール(小催事場)のイメージパース図を公開 ―メッセを加えた4つの催事施設の正式名称が決定しました―

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)会場に整備する、迎賓館・大催事場・小催事場の3施設についてイメージパース図を公開するとともに、大催事場・小催事場・屋外イベント広場・メッセの4つの催事施設の正式名称を決定しましたのでお知らせします。

催事施設の正式名称の決定について

迎賓館について

・建築概要
 用途:世界各国から国王、大統領、首相などの賓客をお迎えし、歓迎、接遇するための施設
 構造:鉄骨造
 階数:平屋建
 床面積:4,624.06㎡
・デザインコンセプト
迎賓館は、世界各国から国王、大統領、首相などの賓客をお迎えし、歓迎、接遇するための施設です。自然光、自然通風、自然素材を使用し、環境性、快適性を両立するとともに賓客に日本らしいおもてなしと感動を感じていただく空間を創造します。
我が国と世界をつなげる「輪の回廊」、我が国の自然を大切にする心を表現した庭園、世界の人々と共有する広い空、そして平明な屋根、それらを和の回廊でつなぎます。

迎賓館 外観イメージ
迎賓館 内観イメージ

EXPO ホール(大催事場)について

・建築概要
 用途:開閉会式、音楽、演劇、芸能、フォーラム
 座席数:約2,000席(車いす席含む)
 構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造)
 階数:2階建
 床面積:8,419.7㎡
・デザインコンセプト
黄金に輝く円形の大屋根と、荒々しい表情の壁面が大地から立ちあがる力強い姿によって、1970大阪万博の「太陽の塔」を連想させる、会場全体のシンボルをつくります。
客席・舞台が一体となった円形劇場は、質感ある純白の布地で包まれ、「いのち輝く未来」を象徴する祝祭空間をつくり出します。

EXPO ホール(大催事場)外観イメージ
EXPO ホール(大催事場)内観イメージ1(舞台より客席を見る)
EXPO ホール(大催事場)内観イメージ2(客席より舞台を見る(映像投影時))

EXPO ナショナルデーホール(小催事場)について

・建築概要
 用途:以下の4つの施設により構成
    ・メインステージ:公式参加者や自治体による催事、音楽、演劇、芸能等の開催
    ・ラウンジ&ダイニング:飲食施設
    ・展示場:日本伝統文化を展示
    ・小ステージ:能に対応した舞台
 座席数:メインステージ:約500席(車いす席含む)
     ラウンジ&ダイニング:約280席
 構造:鉄骨造
 階数:2階建
 床面積:4,836.97㎡
・デザインコンセプト
古代から国際交流のゲートであり続けたこの場所の海や大地との関係をセレブレートする、生命のような建築です。複数の帯状のスラブが織りなす屋外の広がりと、屋内の催事の場が入り混じる、生き生きとした環境を目指しました。敷地に対して斜めにかしいだ帯の方向は、関西を斜めに貫く地形のしわと同期し、淀川水系へと抜ける定常風の方向とも概ね一致しています。このようにしてジオグラフィックな生命体としての地球と結びつけられた建築は、風や水、光のエネルギーをまとった、未来の記憶となるでしょう。

EXPO ナショナルデーホール 外観イメージ1
EXPO ナショナルデーホール 外観イメージ2
EXPO ナショナルデーホール 内観イメージ