契約情報

2024.05.09 エネルギー見える化システム導入・運用・保守業務の公募について

事業概要

2025年日本国際博覧会(以下、「大阪・関西万博」という。)の開催に向け、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会(以下、「協会」という。)では、万博会場内施設利用者の環境意識を高め、省エネ活動を促すことを目的に、パビリオンおよび博覧会協会利用施設といった主な万博会場内施設の電力・冷水・ガス使用状況を集計、分析し、各施設の使用者へ提示する「エネルギーの見える化」を行う事業者を企画提案公募により募集します。

1.業務名称
  エネルギー見える化システム導入・運用・保守業務

2.業務の趣旨・目的
万博会場内各施設のエネルギー使用量データを可視化することにより、各施設使用者の省エネ意識向上を狙います。可視化にあたっては、出展規模や来場者数等を勘案したうえで、相対的にエネルギーをかけずに効率的に演出ができている施設使用者が評価されるような仕組み作りを目指します。また、できる限りエネルギー使用量および分析データの更新頻度を細かくすることにより、消し忘れなどの意図しないエネルギー消費の早期発見や、使用当時の状況(施設運営状況、気象状況など)の把握を容易にできることを目指します。

3.公募期間
2024年5月9日(木)から2024年6月7日(金)まで

4.提案金額の上限額
120,060千円(税込)

5.委託期間(予定)
契約締結日から2026年3月31日(火)まで 

公募要領等の配布

1.配布期間
2024年5月9日(木)から2024年6月7日(金)まで

2.配布方法
下記よりダウンロードできます。(郵送による配布は行いません。)
・公募要領 【PDFファイル:0.2MB】
  ・様式1 守秘義務誓約書【WORDファイル:0.02MB】
  ※守秘義務誓約書の提出があった者へ詳細仕様書等を開示します。

企画提案書の受付

1. 受付期間
2024年5月9日(木)から2024年6月7日(金)17時まで

2. 提出方法
提案時に必要な書類(紙、電子媒体に収納したファイル)は郵送により提出してください。(持参による提出は不可とします。)
 ※2024年6月7日(金)までの消印があるものを有効とします。
また、必ず受付期間中に、電子メールにて、協会脱炭素課メールアドレス(datsutanso@expo2025.or.jp)に、提案時に必要な応募書類すべてのデータを送信してください。
 ※メール送信量が10MBを超える場合は添付ファイルを分割して送信してください。

3.送付先
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 企画局持続可能性部脱炭素課(担当:小寺、阪本)
住 所: 〒559-0034 大阪市住之江区南港北1丁目14-16大阪府咲洲庁舎43階

4.費用の負担
応募に要する費用は、すべて応募者の負担とします。

質問の受付

1.受付期間
2024年5月9日(木)から2024年5月17日(金)17時まで

2.提出方法
電子メール(アドレス:datsutanso@expo2025.or.jp)で受付けます。
※「件名」に「【質問】エネルギー見える化システム導入・運用・保守業務」と明記し、質問内容を「質問票」(様式12)に記載して添付してください。
※口頭、持参、電話、FAXによる問い合わせは受け付けません。
※協会への質問送信後、電話でのメール到達確認は不要です。
※質問内容に応募者名を特定できる内容を記載しないようにお願いします。
※質問内容に応募者名を特定できる内容の記載がある場合、当該質問に対する回答は行いません。
※受付期間以外に提出された質問に対する回答は行いません。
※質問への回答は、2024年5月24日(金)に、当ページに掲載します。

審査方法および結果の公表

1. 審査方法
審査は、書類審査にて行います。

2. 結果公表日時・方法
契約交渉の相手方決定後、すべての応募者に通知するとともに、当ページで公表します。

その他

詳細は、公募要領等によります。

担当

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 企画局 持続可能性部 脱炭素課(担当:小寺、阪本)
E-mail:datsutanso@expo2025.or.jp