EXPO PLL Talks

新しい万博の価値 ―サイバー万博(仮称)実施の可能性―
具体的実施の方向性 #012

当日のようす

開催概要

概要

2021年4月から実施してきた6回の対話の中で見えてきた「サイバー万博(仮称)実施の方向性」をもとに、PLLクリエイター齋藤精一氏をファシリテーターとし、すでに様々なアクションを起こしている方々、これからアクションを起こす方々と共に、サイバー万博の具体的な実施の方向性を検討し、構築方針を取りまとめることを目的に議論を進めています。
今回のトークイベントには、英国デジタル・カタパルトからアキ・ヤルビネン氏、エミリー・サベージ氏、ニコラス・フェルナンド氏をお招きし、サイバー万博の具体的な実施の方向性について議論を深めます。

主催

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
※本回は、JEITA主催の「CEATEC 2021 ONLINE」の連携企画として実施しています。
※動画中の字幕は、総務省・NICTの多言語翻訳技術の高度化に関する研究開発の成果を利用して自動翻訳した結果を人手により一部修正して作成したものです。

日時
2021年10月20日(水)10:00~11:00

登壇者

齋藤 精一【ファシリテーター】
パノラマティクス 主宰 / PLLクリエイター
アキ・ヤルビネン
英国デジタル・カタパルト イマーシブテクノロジー リードテクノロジスト
エミリー・サベージ
英国デジタル・カタパルト イマーシブテクノロジー コマーシャルプロダクトリーダー
ニコラス・フェルナンド
英国デジタル・カタパルト クリエイティブポリシー プログラムリーダー
羽端 大
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 企画局企画部企画事業課 参事
PAGE TOP