お知らせ

2022.08.04 第1回 資源循環勉強会の開催について

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は、2025年日本国際博覧会協会(大阪・関西万博)の持続可能な運営を目指して、持続可能性有識者委員会を設置しています。 
今後、持続可能な万博の準備、運営の実現に向けた施策として、2022年4月に公表した、改訂版<EXPO 2025 グリーンビジョン>に記載している、カーボンニュートラルやサーキュラーエコノミーなどの実現を具体化、実行していくために、資源循環勉強会を複数回開催していきます。
このたび、第1回資源循環勉強会を以下のとおり開催しますので、お知らせします。(同時刻でライブ配信を実施しました)

日時

2022年8月9日(火)10:00~12:30

場所

大阪府咲洲庁舎・オンライン併催

ライブ配信用URL

ライブ配信は終了しました。

議事

(1)大阪・関西万博と資源循環勉強会の概要について
(2)資源循環に関する世界の現状について
(3)大阪・関西万博の運営における資源循環に係る対応の方向性(案)について
(4)資源循環に係る取組の紹介
(5)意見交換

参加者(五十音順・敬称略)

(1)有識者
  浅利 美鈴(あさり みすず) 京都大学大学院 地球環境学堂 准教授
  崎田 裕子(さきた ゆうこ) ジャーナリスト・環境カウンセラー
  原田 禎夫(はらだ さだお) 大阪商業大学 公共学部 准教授

(2)発表者(発表順)
  特定非営利活動法人 地域環境デザイン研究所ecotone
  三菱ケミカル株式会社
  おおさかマイボトルパートナーズ
  コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社
  公益財団法人 Save Earth Foundation

会議資料

【資料1-1】大阪・関西万博と資源循環勉強会の概要について
【資料1-2】大阪商業大学原田准教授説明資料
【資料1-3】大阪・関西万博の運営における資源循環に係る対応の方向性(案)
【資料1-4-1】特定非営利活動法人地球環境デザイン研究所ecotone様説明資料
【資料1-4-2】三菱ケミカル株式会社様説明資料
【資料1-4-3】おおさかマイボトルパートナーズ様説明資料
【資料1-4-4】コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社様説明資料
【資料1-4-5】公益財団法人Save Earth Foundation様説明資料
【資料1-5】第2回資源循環勉強会 発表者の募集について
【参考資料】改訂版EXPO 2025 グリーンビジョン

今後について

第2回資源循環勉強会(9月中旬~下旬、大阪府咲洲庁舎(または日本国際博覧会協会道修町オフィス)とオンラインの併催を予定)では、第1回同様、「大阪・関西万博の運営における資源循環に係る対応の方向性(案)」に沿った取組で大阪・関西万博において展開可能なものを、事業者等からご紹介いただきたいと考えております。
詳細については、第1回資源循環勉強会でもご説明差し上げますが、以下のとおりご紹介いただける方を募集します。

1.受付期間
 2022年8月9日(火)~8月24日(水)16時

2.申し込み方法
 メール(shigenjunkan@expo2025.or.jp)にてお申し込みください。

3.申し込み時の注意事項
 ・どのような取組をされているかがわかる資料の添付もしくは取組の説明をご記載ください。
 ・件名には「勉強会申し込み 企業名もしくは団体名」とご記載ください。

4.発表者の決定について
「大阪・関西万博の運営における資源循環に係る対応の方向性(案)」との関係、実行可能性やこれまでの発表等踏まえて、事務局にて検討を行い、決定は9月上旬以降を予定しています。